のんびり金魚

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちまちまと選別してきたらんちうの稚魚達

いつの間にかハネの方が多くなってしまいました(笑)

稚魚タライ各種
真ん中のタライがハネ用

ハネタライ
( ̄ー ̄)

ハネ
( ̄▽ ̄;)

でもかなりの奇形は親金に食べさせちゃったけどこのハネタライの仔は体の軸が少しぶれてる感じの仔が殆どなので暫く様子見

そしてハネられずに残ってる仔はコチラ






サシやツマミは今後の選別で決めます

なんだかガタッと減る可能性があるとかあるとか…

で、全部ハネとか(笑)

だけど品評会とか無縁なので趣味の範囲で鑑賞に耐えられそうな仔は残していきましょう♪

そしてコチラの蝶尾の針仔が大変なことに





まだまだハリーちゃんだけど尾が確認できるようになったら選別です(^_^;)

コチラ蝶尾は一昨年の選別で失敗してるので今回は本気で選別させてもらいます

全部ハネだったり(笑)

コチラもらんちう同様鑑賞に耐えられる範囲で残せる仔は残します

最終的に各々3匹づつ残せれば良いかと(^.^)

因みに去年の今頃も稚魚飼育していましたが今年はかなりレベルアップしていると感じています(稚魚との関わり方とか)

と言うか稚魚や針仔以前に我が家の金魚が全く死にません(^o^)v

そして白点病に尾ぐされ?

うちでは見たことないし(笑)

ただこれからの季節は油断大敵なので日々の観察と定期的なメンテナンスは怠りなく確り続けていかなきゃです(⌒‐⌒)


愛情飼育 全日本艷鱗会




過去記事 のんびり金魚






スポンサーサイト
テーマ:金魚飼育 - ジャンル:ペット

先ずは順調に成長してる各々稚魚たちから

らんちゅうっ子


蝶尾っ子


わかる範囲でよじれやフナ尾、スボたちはハネてますが今後はサシやツマミの子を如何に残さずハネるかが課題(^_^;)

早め早めにハネていかないと今までの経験から情が移ってハネられなくなりますから…(^o^;)

ということで容器を確保するために今まで育ててきた自家産のあの子やこの子たちを昨日いつものショップ様で引き取って貰いました

この子達や
(親は残してます)

自家産ではないけどこの子たちも
沢山の子供を残してくれてありがと(^_^)

それから本日45センチ水槽のギンの子供全てと60センチ水槽のテツコの子達も種親用に変顔3匹だけ残しショップデビューです

店長様曰く、昨日持ってった蝶尾はお客様に喜ばれたらしく…

そんな話を聞くと嬉しいかぎりです(⌒‐⌒)

丹精込めて育て上げた我が家の子たち…

それぞれ新しい飼い主様のもとで可愛がられることを願うばかりです♪

そんなこんなで本家の環境がスカスカになってしまいました(笑)

テツコ達が入っていたコンテナにはお店に出せない片鰓の子や奇形の自家産達が入り45センチには玄関にいたテツコの子供で唯一琉金型の子3匹入り、60センチには同じくテツコの子供で変顔ベスト3のみ入ってます

45センチ水槽
3匹だけの贅沢飼育(笑)

60センチ水槽も変顔3匹とは言えヒドジョウが2匹とエビちゃん少々共存してるので程好いバランスだと思います

これから夏に向けて水質維持も楽になりますしね(^^)v

そして今回産まれた子達がもう少し大きくなったらコンテナに移しましょう

その時はこの2つのコンテナに入ってる未だに色変わりしていないテツコの子供たちもショップデビューです





みんな人馴れしてる子ばっかりなのでお客様に喜んで貰えると嬉しいな(*^^*)



愛情飼育 全日本艷鱗会




過去記事 のんびり金魚




テーマ:金魚飼育 - ジャンル:ペット

先ずは我が家の変顔No.1でも

自家産だから流通してないしある意味希少価値あるかも(笑)

てことで5月5日産卵の自家産蝶尾の卵が今朝孵化してました

数匹立ち上がったばかりなのでまだスカスカですが(^o^;)


ヒーター使ってないから平均水温20℃無いはずなのに5日で産まれたってことは奇形の確率が高いかもです

この子達は暫く様子見ということで数日後に立ち上がってくる子達に期待しましょう♪

一方、先に稚魚飼育が始まってたコチラのらんちゅうの子達

日に日に大きくなってる気がします





も少ししたら奇形やフナ尾の子をハネましょう

もれなく自家産ウパっ子達のごは~ん(^_^;)

思うにウパも金魚も稚魚飼育はとてもデリケートで大変なのは同じなんですがウパはブラインが少ないと共食いが始まり手足欠損鰓欠損となるので非常に神経使ってました

そうならないように餌が多い分すぐ水が悪くなるしミスも起こしたしで…

今はウパっ子の御世話から解放されこの子達の御世話が癒しになってます(⌒‐⌒)

金魚の稚魚飼育って大変なのに楽しめてる自分てどうなんだろ…

最後に自家産ウパのゆきとまだらのツーショットなんぞ






殆ど目が見えてないのにちゃんとコチラを認識してくれてます

つかほんとは見えるのに見えないふりをしてるのかな?(笑)



愛情飼育 全日本艷鱗会




過去記事 のんびり金魚





テーマ:金魚飼育 - ジャンル:ペット

GWの纏めになります

例のウパっ子達の事故から繁殖関係を自粛していたのですがランチュウが4月13日、蝶尾が5月5日に産卵してくれたので再チャレンジしてます

それにともないジャンボタライを百均で購入したりして細々と楽しんでました(笑)

この大きさ(15リットル)で100円ですからありがたい(^o^)v

※画像拝借※


まだまだ針仔のランチュウたち


成長は遅いけど普通に順調です


そして蝶尾の卵はコッチ


今回の蝶尾の卵は自家産蝶尾同士が産んだ可能性が高いです

てことで我が家でのF2誕生が期待できそうです

カラーバリエーションが楽しみ(⌒‐⌒)

それから三つ目のタライには自家産で片鰓無しの子や一寸奇形の子達が入ってます


とは言うものの見た目はあれですが普通に元気だし可愛い子達ですよん♪

とりあえずコンテナ関係全体図など…


画像でわかるとは思いますが今までのコンテナの片側底面濾過を手直ししてます

メンテナンスの向上と、より高い生物濾過(硝化や脱窒)を目指して穴やスリットの無い普通のケースに底面フィルターを設置してます

各々のコンテナで使っていた砂利が各々全量入る大きさの容器に移植し厚みも6センチあるので生物濾過が強化されるものと思います

容器に穴を開けてしまえば物理濾過も期待できるのですが、それだと水○エイトと同じ機能になっちゃうしメンテナンスが…

物理濾過なら毎朝砂利以外の糞とゴミをプロホースで吸ってるしその時1リットル程の足し水で問題は起きてません

一般的に底面濾過のメンテは底砂表面から1センチほどをプロホースでザクっと差しゴミを吸い上げるだけなのですが四方に穴やスリットがあればそこからも飼育水とゴミ類が侵入してくるわけで…

その穴部分の表面のゴミも吸わなければなりませんし…

それはできないことなので結局取り出してリセットするはめに…

てことになってしまうので穴無しを使ってます

うまく回っている底面濾過であれば定期的に表面のゴミ吸いメンテだけで問題無いし実際我が家の水槽もリセットしてないし…

実際4年間リセット知らずの金魚水槽がありますがその水槽が一番調子が良かったりしてますし(笑)

つか底面濾過の話で熱くなっちゃったみたいな…(^o^;)アハ

そう言えば残したウパっ子たちが凄いことになってます



一匹グレー色(・・;)

今後の成長でまだまだ変化がありそうな感じです

そしてそして

毎年この時期に咲いてくれるデンドロさんが今年もやってくれました



去年の3倍の花付きです

株が疲れるので早めに摘まんだ方が来年の為には良いかも知れませんね

それにしてもこのデンドロビューム

たいした御世話はしてないのに毎年ちゃんとこの時期になると花を咲かせてくれるのでなんか申し訳なくって…(^_^;)

今回は新芽が伸び出す前に新鮮な水苔で植えなおしてあげる予定です



愛情飼育 全日本艷鱗会




過去記事 のんびり金魚


テーマ:金魚飼育 - ジャンル:ペット

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。